2010年01月16日

【韓国】日本の検察「権力者によどみなくメス」 「権力に屈しない日本の検察に学ばなければ」 韓国で絶賛の声

東京地検特捜部は16日、政治資金規正法違反の疑いで、小沢幹事長の公設第1秘書、大久保隆規容疑者を逮捕した。「陸山会」の土地購入をめぐる、政治資金規正法違反事件による逮捕者はこれで3人となった。

韓国では新聞やテレビなど各メディアがこの事件を取り上げ、ニュース専門のテレビ局YTNは「小沢幹事長は、政治資金を管理していた秘書たちが相次いで逮捕され、幹事長職の辞職を迫られるなど、政治的な打撃を受けている」と伝えた。

また、この事件とともに日本の検察にも注目が集まり、韓国の新聞、世界日報は14日付けの紙面に「権力者によどみなくメスを入れる日本の検察を見て」と題した社説を掲載。

「日本の検察が、不法な政治資金授受疑惑を受けている、民主党の小沢一郎幹事長が代表を務める資金管理団体を捜索。小沢幹事長といえば、与党の実力者だ。ところが日本の検察は真正面から捜索し、検察本来の姿勢を見せている」と記している。

半年前に検察の独立と改革を標ぼうした、キム・ジュンギュ検察総長による新体制がスタートした韓国の検察と比較し、「日本の検察のしっかりした捜査態度は、良い手本だ。
韓国の検察が正しい方向に進むためには、権力に屈しない日本の検察に学ばなければならない。
大統領府と政界の顔色をうかがうのではなく、法治主義の厳正さを見せる時、韓国は真の法治国家になるだろう」と述べている。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0116&f=national_0116_005.shtml
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1263617080/
posted by negao at 15:39| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

【竹島・日本海問題】 日本の歴史歪曲、論理的に制圧しよう〜「東海は日本海より千七百年も前から使われてきた」

http://www.newscj.com/news/photo/201001/30837_28232_5229.jpg
▲独島守護国際連帯の独島・東海名称の国際標準化戦略策を模索するための討論会

「独島守護国際連帯」は庚戌国辱100年をむかえ、日本によって歪曲された歴史を正す実践運動の一環として「竹島・日本海、国際名称間違い是正政策討論会」を開いた。

12日、国会議員会館小会議室で開かれた今回の政策討論会でチュ・ソンジェ(慶煕(キョンヒ)大教授、ニューヨーク州立大大学院地理学)博士は「独島(ドクト、日本名:竹島)・東海(日本海)名称の国際標準化戦略」について主題発表した。

チュ・ソンジェ博士は先に「東海」表記の妥当性について「歴史文献上の紀元前59年、高句麗の歴史を記した‘三国史記’の中で、高句麗始祖東明(トンミョン)王に関する記事に初めて登場する‘東海’は最小限二千年以上の歴史を持つ一つの固有名詞として定着した名称」と説明した。
このような歴史的事実は「日本海」使用の始めとして知られる1602年「坤與万国全図」より1700年近く先んじる。

特にチュ博士は「国際的な地名として運用する時は現地住民が使う名前を優先的に考慮するのが慣例」として「日本人たちは自ら‘日本海’を使ったのではなく、西洋人が使った名称を19世紀中盤以後に受け入れた」と付け加えた。

だが現在の国際社会では「東海」名称に対する韓日間合意が必要で、合意がなされるまでは二つの名前を一緒に使うよう勧告している。チュ博士は「世界主要地図製作者なども既存の日本海単独表記から東海併記する方に方向転換している」として「このような国際的傾向は‘日本海’単独表記は問題があると認められているからだ」と肯定的に評価した。

チュ博士は「現在は東海と日本海を併記するのが現実的」としながら「だが段階的な戦略を経て、最終的には‘東海’と表記しなければならない」と主張した。

最近、一部では「日本海」に対応する「韓国海」にしようという主張が提起されたこともある。これに対して彼は「私たちは一度も東海を‘韓国海’と呼んだことがない。該当地域住民が呼ぶ名前を優先するという国際機構の原則に立てば‘東海’が説得力ある」と話した。

またチュ博士は「色々な国に囲まれた海を特定国家の名前で表記するのは不適切だ」としながら「韓国、北朝鮮、日本、ロシアなど4ヶ国が隣接した‘東海’を‘韓国海’と表記しようという代案は自己矛盾」と付け加えた。東海と地政学的に似た環境を持つヨーロッパの北海(North Sea)、バルト海(Baltic Sea)がある。フランス、英国、ドイツ、デンマークに囲まれた北海は英国海・ドイツ海・デンマーク海とそれぞれ呼んでいたが、国際水路機構設立後、ヨーロッパ大陸の北側にあるとので「北海」で標準化された。またドイツ、ロシア、スウェーデン、フィンランドに囲まれたバルト海は永らく国家の名前と関係ない固有名詞で呼ばれ、この地域を指し示す言葉として使われている。

これと共にチュ博士は「独島」表記問題に関しては「国家間境界が明確に確定しなかった海の地名とは根本的な差がある。独島が大韓民国の主権に属した領土であることが明らかな以上、その地名で国内的に標準化された‘独島’とそのローマ字表記の‘Dokdo’を使うことが妥当だと国際社会に積極的に主張しなければならない」と伝えた。

チュ博士は「何よりも大学生をはじめ、すべての国民が、独島がなぜ私たちの土地なのか正当な論理で説明するべきだ」という前提を残した。

ソース:ニュース天地(韓国語) ‘庚戌国辱100年’日本歴史歪曲論理的に制圧するや
http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=30837

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1263473929/
posted by negao at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

【サッカー】長谷部誠、ドイツのチームメイトに「日本は99%、グループリーグ敗退だな」と言われる…日本サッカーの評価は低い

−チームメイトたちとは組み合わせについて、どんな話をしましたか?

長谷部 「日本は99%、グループリーグ敗退だな」と言われ、腹が立ったので「オマエら、W杯に出てたっけ?」と言い返してやりました。


−日本サッカーの評価はそんなに低いのですか?

長谷部 評価は低いですよ。「日本と言えば相撲だろ」って感じですから(苦笑)。
とにかく、日本のサッカーに対する印象がないみたい。
ちなみに「野球が強いよ」と言ったら、「野球って何?」って。
ノルディックスキーのジャンプの方がサッカーや野球より全然知られていますね。
船木(和喜)さんとか葛西(紀明)さんとか。

以上、weeklyプレイボーイ 1月18-25日号の長谷部誠インタビューより一部引用

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1263359875/
posted by negao at 16:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

【中国製品問題】中国製玩具からカドミウム 米ウォルマートが商品撤去

米消費者製品安全委員会(CPSC)は11日、中国製の子ども用アクセサリーに有害な重金属カドミウムが含まれているとして、調査を始めた。米小売り大手ウォルマート・ストアーズは問題製品を店頭から撤去すると発表した。

この問題を最初に指摘したAP通信が、昨年10〜11月ごろにニューヨークなど4州で試験購入したアクセサリー103個のうち12個から10%以上のカドミウムを検出。91%に達した製品もあった。

一部の製品からカドミウムが容易に溶け出すこともわかり、幼児がアクセサリーを口にするとカドミウムが体内に入る可能性を指摘している。ただ、今のところ具体的な健康被害は見つかっていない。

中国製玩具からは2007年、有害な鉛や化学物質が検出され、日本でも製品の自主回収が相次いだ。その結果、中国の業者が鉛の代わりに、安くて加工しやすいカドミウムを使うことが珍しくなくなっているという。

カドミウムは発がん性などが指摘され、日本では腎臓に障害を起こして骨が弱るイタイイタイ病の原因物質として知られている。

問題になったアクセサリーが日本に輸出されているかどうかはわかっていないが、財務省貿易統計によると、08年の中国製玩具などの輸入額は4372億円で、玩具輸入額の9割近くを占める。

CPSCのテネンバウム委員長は12日、香港でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の玩具安全に関する会合で中国政府に対し「カドミウムなどを使わないよう業界に徹底してほしい」と演説した。

ソースは
http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201001130195.html
カドミウムが含まれているとして問題となった中国製の子ども用アクセサリー
http://www.asahicom.jp/international/update/0113/images/APX201001130010.jpg
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1263356759/

ナイチンゲール偉人伝もウソ。彼女の功績は医療現場に統計学を持ち込んだこと。無償医療の赤十字設立を目指していたアンリー・デュナンと対立していたが、歴史上では聖女・博愛・慈悲の象徴とされている。クリミア戦争のプロパガンダがそのまま継続されている。
posted by negao at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

鳩山政権の「海自補給撤収」、チャンス!中国が補給活動引継ぎ検討…日本政府、シーレーンやエネルギー政策で警戒感

・15日で海上自衛隊がインド洋での補給活動から撤収することを受け、中国海軍が代わりに補給活動を引き継ぐことを検討していることが10日、複数の政府関係筋の話で分かった。原油の9割を中東に依存する日本にとって、そのシーレーン(海上交通路)でプレゼンス(存在)を失うだけでなく、中国にエネルギー政策の根幹を左右されることになりかねず、政府内に警戒感が広がっている。

 政府関係筋によると、中国政府は「アフガン駐留多国籍軍への派兵参加問題は存在しない」との立場を強調しているが、水面下ではアフガニスタンで治安維持活動を展開している国際治安支援部隊(ISAF)への参加・協力を検討していることが複数の情報筋で確認されているという。海自の補給活動撤収を好機として「テロとの戦い」に参入すべきだとの意見も根強いという。

 中国はソマリア沖の海賊問題を受け、アデン湾周辺海域に駆逐艦2隻と補給艦1隻を派遣し、海賊取り締まりや商船保護などの活動に従事。「中国の補給艦はかなり練度をあげている」(防衛関係者)とされ、インド洋での補給活動に転用することは可能とされる。

 ただ、国際テロの防止・抑止のための「不朽の自由作戦(OEF)」の海上阻止活動は米国主導の合同任務部隊が行っており、中国が米軍司令部の傘下に入ることは非現実的だとの見方もある。
 だが、OEFに参加すれば、アフガンや中東情勢について参加各国と情報共有することが可能となる。
 またインド洋でのシーレーン防衛の一角を担うことによる中国のメリットは計り知れない。

 鳩山由紀夫首相は、補給活動の根拠となる新テロ対策特別措置法が15日に期限が切れることを受け、海自の撤収を決定した。
 これにより、日本は自国の船舶の安全確保を他国任せにすることになるだけでなく、テロなどに関する情報入手は著しく制限されることになる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、日米関係がぎくしゃくしていることもあり、ある防衛筋は「中国がOEFに参加表明し、米中接近を演出する可能性もある」と指摘する。(抜粋)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100111/plc1001110123000-n1.htm

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263180934/
posted by negao at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【捕鯨】 「政治家ら、シーシェパードへの支援やめろ」「豪のネット世論調査、『シーシェパードに責任』64%」…豪でも反感高まる

・日本の調査捕鯨船団の監視船と米国の反捕鯨団体シー・シェパードの「アディ・ギル号」の衝突が、同団体に同情的だったオーストラリアで過激行動への反感が募っている。
 不満は、エスカレートする事態を止められない豪ラッド政権にも向かっている。「政治家と記者は(シー・シェパードの)活動家への支援をやめるべきだ」――。豪有力紙「オーストラリアン」は社説でこう訴えた。抗議行動を「傲慢で理屈に合わない」と切り捨て、シー・シェパードとの「決別」を宣言した。同紙サイトで
 実施された読者投票で責任の所在を尋ねたところ、約64%が「シー・シェパード」と回答した。
 シドニー・モーニング・ヘラルド紙の社説もシー・シェパードの行為を「違法すれすれの極めて危険な遊び」と非難。
 日本側の「防衛的措置は合法」とした。

 こうした風向きの変化にもかかわらず、ラッド政権は衝突後、「(捕鯨船団と抗議側の)双方に危険行為の自制を求める」と公式発言を繰り返すにとどまっている。野党などからは、「豪州から船を派遣して双方の動きを監視すべきだったのではないか」などと無策批判が一斉に上がった。
 そもそもラッド労働党は2007年の総選挙で、「日本の調査捕鯨の違法性を国際法廷で訴える」と公約、反捕鯨の環境団体「グリーン・ピース」の元理事ギャレット氏を環境相にすえた。だが、その後は「外交努力」をうたうだけで具体的行動は見送ってきた。
 政府内には、主要貿易相手国である日本との関係悪化への懸念に加え、国際司法裁判所などに持ち込んでも「勝てる保証はない」(ギラード副首相)との計算があるようだ。豪州の主張は、自国が南極大陸の一部に領有権を持ち、その沖合は「排他的経済水域」(EEZ)にあたるため、「この海域での日本の捕鯨は違法」という論拠だ。
 だが、領有権が確定していない南極でEEZを主張するには無理があり、「国際法廷で南極領有が否定されれば、かえって国益を損なう」との懸念がうかがえる。ラッド政権は年内にも行われる総選挙をにらみ、世論と国益確保のはざまでジレンマに陥っている。(抜粋)
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100110-OYT1T00757.htm

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263179694/
posted by negao at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

【韓国】なんであんな女に…日本の「婚活サギ」で発覚 韓国はデブが大嫌い

〇九年十二月四日付けの韓国紙『東亜日報』が報じた「日本『ぽっちゃり女性シンドローム』」。「出会い系サイトでも、太った女性が圧倒的に人気」で、不況で疲弊した日本人はぽっちゃりした女性に安心感を見出している、と分析しているのだが……。

 記事を書いたキム・チャンウォン記者が語る。

「昨年の婚カツ詐欺事件では、たくさんの日本人男性が太った女性容疑者に騙(だま)されました。太った女性が大嫌いな韓国人には、まったく理解できない現象だと思いましたね」

 韓国在住の日本人女性ライターも言う。

「事件は韓国でも報道されましたが、『なんであんな女に騙されたのか。金を払ってまであんな女と遊ぶ神経がわからない』という反応が多かったですね。もし容疑者が韓国人だったら、整形してから詐欺を働いたのではないでしょうか。韓国では太っているのは自己管理ができていない証拠とみなされ、蔑(さげす)まれます。しかも韓国では“熟女”は見向きもされない」

なるほど。記事では、“ぽっちゃり女性”の代表として、「森三中」の村上知子や歌手の森公美子と並んで、女優の松坂慶子の写真まで、紹介されている。

韓国の事情に詳しい水野俊平教授(北海商科大学)が解説する。

「豊満な女性が整形して美女に変貌を遂げる『カンナさん大成功です!』(鈴木由美子原作)というコミックが韓国で映画化され(〇六年『美女はつらいの』)、六百万人動員の大ヒットを記録しました。昨年、同じ作品が日本でも山田優主演で映画化されましたが、こちらは大して話題にもならなかった」

韓国人男性が女性に求めるのは、若さとスタイルの良さなのだ。韓国メディアは、入学、入社に備えて若い女性が整形するのは当然という風潮を、自嘲的に「美容整形共和国」と呼んでいるという。

「韓国でも二十年ほど前までは、ぽっちゃり系も健康的で“徳”があるとされていたんです。それがいつのまにか、息子の結婚相手にも、スレンダーな女性を求めるようになってしまった」(ジャーナリスト・柳錫氏)

「デブ専」を認める日本がヘンなのか、韓国の「スレンダー信仰」が過剰なのか。
niftyニュース/週刊文春 2010/01/10
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20100110-03/2.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20100110-03/1.htm
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1263101702/
posted by negao at 16:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

韓国の女性たちの日本国内での売春の実態を追跡 日本に約3万人

http://www.ilyosisa.co.kr/wys2/file_attach/2010/01/05/1262655336-0.jpg

日本での韓国女性たちの性売買が危険水位に至る。過去日本式ルームサロンである「クラブ」や「スナック」などでお酒を売ることを超えて、今では初めからコンドームも使わないで「中出し」まで可能な性売買が日本内で盛んである。韓国女性たちは自発的に、あるいは他意によって日本に渡り、性売買生活をしているし、ほとんどが「短期間に大金を儲ける」と言う考えを持っている。特に「韓流熱風」と相まって、日本男性たちが韓国人女性たちを好む事から、この傾向はさらに加速化されている。日本での韓国女性たちの性売買実態を集中取材した。

「大金儲ける」玄海灘超えて、性売買現場の韓国女性たち 性売買行為…慰安婦お婆さんたちの抗言と苦痛無色

実際こんな女性たちは日本内にほぼ3万名余に達していることが知られている。これら大部分は不法滞留者たちで、日本でもこのような韓国女性たちの不法滞留問題は深刻な問題と思われている。韓国はその間「慰安婦」問題で日本と尖鋭に対立して来たし、特に日本の持続的な「歴史的事実に対する否定」によって多くの慰安婦のお婆さんたちが精神的苦痛にあって来た。しかし最近になって韓国若い女性たちのこんな性売買行為は、慰安婦お婆さんたちの抗言と苦痛と面目を失わせていると見られる。

コンドームのないセックスもいくらでも可能なの

日本の性売買形態は多様だ。もちろん韓国ほど各種変態的な店は多くないが、性を明らかにする日本人たちの特性を反映したソープランド(直接的性器結合ないマッサージ)、クラブ、スナックを含めて裸体ショー(ストリップ)などがある。
しかし、日本も直接的に性器を結合する性行為は厳格に法で禁止されている。したがって過去韓国の弥阿里や清凉里みたいな性売買形態はほとんどないと言っても過言ではなかった。

ところで最近日本へ行く多数の若い韓国女性たちが、こんな直接的な性売買に携わっていることと知られている。一番代表的な地域が東京内の「鶯谷」地域だ。こちらにはまるで韓国の弥阿里を移したような風景が広がっている。おおよそ300以上の店が、このような不法な性売買をしているということ。

もっと驚くべきなことはこちらの女性たちはコンドームを着しないことは勿論で本番も可能だというのだ。
こんなサービスを受ける機会がなかった日本男性たちの立場では「型破りなサービス」を受けることができる絶好の機会と言える。
実際こちらを利用する大多数は日本人男性たちだ。ハードコアなサービスとして見るとソープランドでマッサージだけ受けていた彼らが、コンドームなしに本番を頼むことができるというここで「異常なセックスの味」を感じることは多分当たり前の事でもある。多くの場合女性が一日に10人以上の男性を受けていることで現われている。

鶯谷の性売買業店に行って見たという韓国人チョ某(31)さんは「韓国人たちの間で鶯谷はもうかなり知られていると思わなければならない。もちろん性売買に関心がない留学生などにはよく知られていないが、ある程度ナイトライフを捜し回る人々には、最近一番に浮かんでいる性売買業店と言える」と口を切った。

チョさんは更に「実は日本ではソープランドやその他変態業店は(客として)出入りがあまり自由ではない。
場合によっては外国人たちの出入りを禁止する場合もかなり多いからだ。しかし鶯谷だけは韓国人も大歓迎だ。その間解くことができなかったセックス欲求をこちらで思いきり解く人が少なくない」とほのめかした。
また「韓国人同士集まってお酒一杯かけてからは、その所へ行って思いきり懐抱を解いたりする。不法という点が忌まわしくはあるが、まだ日本警察が取り締まりをする気味は全然見えない」と語った。

東京内「鶯谷」地域中心に活発、地域内に風船効果発生…韓国の国際的恥さらし憂慮も

実はこちらで勤める女性たちの健康状態は、現在最悪だと言っても過言ではない。コンドームを使わない事から各種性病にそのまま露出しているうえ、言語疎通がまともに成り立たなくて病院に行くことも簡単ではないという。結局薬だけで堪える生活を引き続けるしかない。
特にこちらで働く女性たちの場合、深刻な人権侵害を受けていると言う。一日に10人位の男性たちとセックスをすると言っても、実際女性たちが手に握るお金はいくらならないということ。また韓国に脱出をしたくても、それさえ監視のため簡単ではないと言う。

問題は鶯谷だけではない。日本最大の遊興街と言える歌舞伎町でも、やはりこんな韓国女性による性売買が活性化している。深夜の時間に一帯を歩けば韓国語で「2次も可能だ」と言う話があちこちで聞こえるほどだ。実際ある店で1人当り約4万円位支払えば女性を外に連れて行くことができるし、大部分モーテルなどに行って性売買をすることと知られている。

それなら果してどんな女性たちがこんなに日本に渡って性売買をしているのだろう。日本現地の関係者たちによれば一言で「年令と職業の仕分けがない」と言う。はなはだしくは子供を持った家庭主婦まで、日本に渡ってお金を儲けているし生活費を韓国に送ることと知られている。
韓国女性たちを日本で送り出すブローカー、チェ某(30)さんは「韓国で生活基盤を作ることができない女性たち、そして自分のそんな性売買事実が見つからない事を願う女性たちが日本に渡っている。20代初中盤から30代中後半まで、自分のコンセプトに合う店で仕事をする」と言った。

お嬢さんや家庭主婦たち「年・職業区分ない」

チェさんは引き続き「20代初中盤の場合、たいていクラブ働く場合が多く、年がちょっと多い時にはスナックに行くようになる。スナックの場合日本の40〜50代の職場男性たちがたくさん来る所で、一部男性たちは過去に韓国女性たちと付き合った経験を持っている。それだけに韓国女性に対する郷愁と思い出もあって、日本女性とは違う情緒を持っている韓国女性が好きな場合が多い」と説明した。

また「留学生、大学生、失業者、前職花柳界女性など多様な女性たちが日本に行っている。転職や年は多様だが、彼女たちが持っている夢と目標はたった一つだ。一日早くお金を儲けて日本生活をたたんでまた韓国に帰ることだ」と語った。
また現在日本では韓国女性たちが「配達」になるシステムもできている。性売買サイトに接続、自分が願う女性を選べば東京市内はどこでも1時間以内に「配達」になるということ。まるで韓国の愛人バンクのようなシステムが現在日本で盛んであるのだ。

こんなシステムはその間日本ではしばし登場しなかったことであるだけに、セックスを願う多くの日本男性たちに大きい呼応を得ていると言う。「早く早く」と「いつどこでも」という韓国的な性売買環境が日本でも具現されているという説明だ。こんな新しい日本国内韓国性売買集結地と新種配達システムの登場を置いて、これを解釈する多様な視覚がある。一部人々は「国際的風船効果」とを言ったり「21世紀新慰安婦」と言ったりする。

自発的に渡り、日本男性の精液受け?

会社員であるチェ某(35)さんは「韓国で性売買集結地が皆消えた。その女達がどこに行くか。もちろん一部変態業店で多くの女性たちが集まったが、かなり多い数の女性たちは日本に行って生計を立てている。特に日本の場合韓国より多くのお金を儲けることができるから、多い女性たちにメリットを与えていると言える」と言った。

チェさんは引き続き「結局これは韓国で性売買集結地が消えたことから生じた国際的風船効果と言える。実は最初からこのような風船効果が生ずるはずだという憂慮はあったが、こんなに日本で韓国からの売買集結地が出来るとは想像もできないのが事実だ」と指摘した。
日韓間の過去の歴史を念頭に置いてこれを「21世紀新慰安婦」と解釈する場合もある。自営業者パク某(42)さんは「率直にこれが慰安婦ではなくて何か。過去には銃刀で脅威を受けたとしても、今は韓国女性たち自らが自発的にお金のため日本に渡って日本男性の精液受けになることではないか」と強弁した。

朴さんは引き続き「資本主義社会で過去の歴史に何の意味があるかと言う人々もいるが、日本と韓国の関係は特別なのが事実だ。あれほど今の性売買集結地が象徴的な意味を持っているということだ」と指摘した。
また「他の国ではなく、日本へ行って性売買をすることは何の理由か。性売買をする理由はそれなりにあるが、最小限韓国人なら日本でそんなことをしてはいけないのではないか」と声を荒げた。

しかしまだ韓国政府では、こんな問題に対する深刻性を悟ることができずにいる上、取り締まりのためのどんな措置も取っていない。これを捨ておいたあとは今後のより一層多くの韓国女性たちが日本に渡りこれが「国際的な恥さらし」で飛話される可能性も少なくないと言える。
http://www.ilyosisa.co.kr/detail.php?number=6309&thread=22r05

【韓日】韓国の女性たちの日本国内での売春の実態を追跡 日本に約3万人<実態追跡>[01/08]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1262942864/
posted by negao at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

【捕鯨】「戦争だ!」 オーストラリアではシーシェパード擁護の報道目立つ…反捕鯨世論強まる恐れ

反捕鯨世論強まる恐れ=シー・シェパード船衝突で−豪

・米反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船「アディ・ギル号」が南極海で日本の調査船と衝突し大破した出来事により、オーストラリアで反捕鯨世論が一段と強まる恐れが指摘されている。豪州ではSS寄りの報道が目立つ中、豪政府は7日、衝突状況などについて調査する方針を明らかにした。

 全国紙のオーストラリアンは、豪海軍の保護を求めているというSSの主張を中心に報道。シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、東京発の記事で日本側の説明も掲載し中立的な扱いだが、大衆紙のデーリー・テレグラフは「戦争だ」とあおった。豪野党などからは、状況監視のため政府の船を派遣すべきだとの声も上がっている。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000093-jij-int
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1262862954/
posted by negao at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

【中国】「クジラ肉を食べるなんて野蛮」「SSは次は軍艦で行くべき」 シー・シェパード船の沈没で日本捕鯨非難する声も

米国の反捕鯨団体「シーシェパード」(SS)のニュージーランド船籍の高速船「アディ・ギル号」が6日、南極海で日本の調査捕鯨船団の「第2昭南丸」と衝突した。中国の中国新聞網はシーシェパードの発言を引用し、日本の捕鯨船が米国の反捕鯨団体「シーシェパード」(SS)の小舟と衝突し、沈没させたと報じた。

AP通信は「シーシェパードが南極で日本の捕鯨活動を阻止するようになって以来、最大の衝突だった」と報じているほか、シーシェパードは、高速船「アディ・ギル号」が日本捕鯨船の「第2昭南丸」に衝突されたとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからは「シーシェパードは次は軍艦で行くべきでは?」など、日本の捕鯨を非難するコメントが寄せられているほか、「鯨肉を食べるなんて野蛮だ」、「野生動物を食べる悪習は中国人も同じく持っているではないか」などとするコメントも寄せられていた。

捕鯨問題はクジラ、イルカの捕獲に対する是非を問う国際問題である。82カ国が加盟する国際捕鯨委員会のうち、捕鯨を推進する国は日本をはじめノルウェー、アイスランドなどがあり、中国は中立の立場をとっている。(編集担当:畠山栄)

サーチナ シーシェパード衝突し沈没、中国で日本捕鯨を非難する声も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0106&f=national_0106_019.shtml
動画:シーシェパード突撃動画
http://www.youtube.com/watch?v=Z_KnBKriGog
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1262775900/l50
【社会】 「日本の捕鯨船がぶつかってきた!日本人は救助もしてくれなかった」 シー・シェパードの船、沈没…日本側とは逆の証言★4
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1262775440/l50
posted by negao at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。